| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

往診皮下点滴での練習2回目 〜浮き彫りになった問題点〜

3月20日(金)

Mar, 20, 2015

今日は2回目の往診皮下点滴、そして練習をさせてもらいました。


その際、あとで復習できるように また
写真も撮らせていただきました。


P1020733往診皮下点滴練習2回目

モモちゃんの使用する皮下点滴のセットです。
パックは500mlだったかな。


モモちゃんは一回で200ml入れます。
前の病院では250ml入れてたので、それよりは少ないのですが
レオちゃんを見てきたので、肺水腫は大丈夫か
前回の練習のとき看護師さんにたずねてみると
"モモちゃんの場合は代謝できるから大丈夫だ"と。

あ、200×2回の残り100mlのときはどうするんだろう?


まず、

P1020734往診皮下点滴練習2回目1

パックを開けて、上にあったローラーを下にさげて
輸液を下まで通す(だったかな)

次、

P1020735往診皮下点滴練習2回目2

ドリッパーをつまんで真ん中まで、←ここまでしかメモしてない
(輸液を落とす…かな)

この段階でや ←"や”って 、、


いつのまにか、
虫食い算状態のメモを解明してく作業になってる


次、

P1020737往診皮下点滴練習2回目4PE

パックを高い位置にかけて、印をつける

ここで大切なのが、両側面にメモリが書いてあるのだけど
CLOSEDと書いている面に印をつける!

↑これはリスちゃんの時には、なかったこと。
なんとなくわかったような、でも他人に説明できるか?といえば
できないので、今度かならず質問して理解する!



次、

P1020738往診皮下点滴練習2回目5

高い位置にかける

S字フックを用意して、今日のフックは外れてしまったので
釘かなんかでかけるところを作らないと。



針をさします。
(…てか刺せなかった。正確には刺したものの肉に刺さった気がして
混乱してると、先生が途中で刺し直さずそのままぐいと入れてくださった)


針を刺す前に、アルコール綿で消毒する(院長先生が…。)
針を抜く(先生…)


_| ̄|◯


--------

針ですが、

P1020740往診皮下点滴練習2回目6

斜めになってる方を上にしている状態で針を刺します。


また2回目以降は、針をセットせねばなりませんが、
やはり上向きで。

P1020741往診皮下点滴練習2回目7

あと、タコ管を上に向けると空気が止まる
もう1本入っている空気用の針は使わない



そして
前回と今回で浮き彫りになった問題点、

それは 、、




針が刺せない (T_T)







先生は「まぁ、慣れよね」といわれて
ぬいぐるみとか何かでシミュレーションしてみれば」と。



ぬいぐるみ…



あ、それなら 、、

P1020767往診皮下点滴2回目シミュレーション1


P1020770往診皮下点滴2回目シミュレーションPE


いやいやいや 、、((>_< )cブンブン

歴代のわたしの兄弟と仲良くしてきたギズを刺すぐらいだったら
自分を刺すよ!!

ていうか、クッションを刺す!

いや、ふわふわしてたり、その上目がついているのは
ムリ
クッションもふわふわしてるし。

そんなシミュレーションのシミュレーションをしておわった
第2回目の練習でした


次は二日開けたくないけど土日はさむし、
モモちゃんもとても調子が良いみたいなので
月曜日に予約(往診でなく)しました。

月曜で3回目
それまでに、刺す刺さないは別として、(別にしてたらダメだけど)
『手順』だけはしっかりあたまに入れたいとおもいます




ギズちゃん
にほんブログ村 猫ブログ 老猫・高齢猫へ
にほんブログ村
さっきのは、本心ではないのにゃん
流れにゃん

にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ
にほんブログ村
ギズはレオが守るったい〜〜

コメントありがとうございます。
遅れててごめんなさい
スポンサーサイト

| 通院・病院2013〜 | 23:22 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

病院での皮下点滴の練習1回目(3/17/2015)

3月18日(水)

Mar. 18. 2015


3月17日(火)

今週2回目の皮下点滴に行ってきました。
そしてその際、練習もさせてもらました。

…といっても、いざ針を刺そうとしたらドキドキしてきて
院長先生が 「今日は針を刺すとこまでします」ということなり
予想どおり、みてるだけ…という



それでも、家で復習しようと写真を撮ってきました。


モモちゃん

こうしてみると、なかなかおりこうさん
モモちゃんは前の病院とあきらかに態度がちがいます。
気のせいでもなく、ほんとうにちがう。

P1020698皮下点滴練習Mar.17
Mar.17.2015 1:06pm

これは、まだかな。


P1020699皮下点滴練習1Mar.17

もう先生が針を刺しました。


P1020700皮下点滴練習2Mar.17

ローラーをあげる


P1020701皮下点滴練習3Mar.17

これは、なんだっけ…?
全体像を写したかっただけなのか、なんなのか…。


P1020703皮下点滴練習4Mar.17

輸液が落ちているか確認
ぽと…。ぽと…。は落ちてない




この速さ、だそうです

P1020704皮下点滴練習5Mar.17

外れないように支えとく
(もっと先のほうを)


どう? モモちゃん

P1020705皮下点滴練習6Mar.17PE


・ ・ ・


P1020706皮下点滴練習7Mar.17





このあと、ふたりきりになってから、
モモちゃんはもぞもぞっと動き出したり、
そのうち点滴が印に近づいて(200cc)針をどうしようか
抜くのか、その前になにかあったか…
すみませーんの声もなかなか気づかれず
200超えてしまったりちょっとドキドキでしたが
さいごの針だけは抜いてみました。
なんか、にくみたいなのにひっかかるかんじ。
(さっと抜かないといけないのかも)


往診皮下点滴で練習できるか伺うと、できるとのことでした。




にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ
にほんブログ村
バジル、可愛いか〜〜


ひそひそひそ…
にほんブログ村 猫ブログ 老猫・高齢猫へ
にほんブログ村
ぴよぴよぴよ…


薬ももらったからかな 、、
バスに間に合わず、タクシーでした。
しかも、右に曲がる説明したのに
まーっすぐ走っちゃって、三角形の2辺くらい遠回り
往診と変わらず、というか以上。タクシー苦手…
指名できればいいのにな

| 通院・病院2013〜 | 23:58 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

モモちゃん往診での皮下点滴とそのあとの様子2 モモちゃん動画

3月14日(土)

Mar. 14. 2015 White day


前回 モモちゃん往診での皮下点滴とそのあとの様子1

往診皮下点滴がおわり
まず、先生方がいらっしゃるあいだは、
ソファでなく一旦窓辺に避難していました。

今回は、先生方が帰られてからのモモちゃんの様子です。


院長先生と看護師さんに玄関でご挨拶をしたあと
部屋に戻ると、ごはんを食べていました。




そのあと、

P1150406モモちゃん往診後1

ソファの裏に行き、こちらのようすを伺っていました。
ちょっと疲れた顔してるかな


P1150405モモちゃん往診後3

もう帰られたかにゃん?


P1150414モモちゃん往診後2

もう出てきても大丈夫かにゃん?




少しキッチンのあれこれをして、お茶でもしようと
うしろをふりかえると 、、

P1150418モモちゃん往診後こたつの下

モモちゃんはソファのうらから出てきて、ソファには乗らず
今度は、テーブルの下にひそんでいました。

じぶんのいちばん安心する場所(ソファ)に戻らず
まだ隠れているということは、
モモちゃんにとってここがホームでなくなる!! とおもい、

P1150421モモちゃん往診後こたつの下1

そっととなりにすわってみました。

P1150422モモちゃん往診後こたつの下2

画像ではすぐ手が届き "なでなで" できそうですが、
モモちゃんは、びみょーな距離感をとってて、
わたしもただ横にすわっているだけ。

あ、そうだ!
てっきり看護師さんひとりで、とおもってて
おみやげにモロゾフプリン(1コだけ )買ってたんだった!



コーヒー飲もっ、モモちゃん

P1150424モモちゃん往診後プリン

はい、プリン
多めに豆を挽いて、じぶんは濃いコーヒー

P1150429モモちゃん往診後プリン1

モモちゃん、おつかれさま〜
はい、おたべ〜


・・・ん…?

P1150431モモちゃん往診後プリン2

あやしい…

これは 、、ワナかもしれないのにゃん



えーーん


P1150434モモちゃん往診後プリン食べる

警戒しながらも



お腹も空いてたのか、少し近づいて食べてくれました。


それにしてもモモちゃん、点滴おわって数時間経っても
そうとうの警戒心でした

先生は、モモちゃんのあたまをよしよししながら
穏やかなかんじですすめていかれたけど

「注射」がね… やっぱり痛いよね。
わたしも心がいたかったし、
(なんにもせずオロオロしてただけだけど )
かなり緊張して疲れたよ 、、。

ホームまでアウェーになるとモモちゃんの安心できる場所が
なくなるかな。
でも、行くより楽なのか・・
(わたしは楽。
次からは先生がいらっしゃるとわかっているので緊張は大丈夫
金銭的にはバスの4倍 でもタクシーで往復と思えば同じくらい

ソファーのような大好きで安心できる場所ではなく
点滴用の場所をつくるか…
なんなら開かずの間というか、そこを点滴の場所にするか


きょうは長い時間仕事だから点滴はおやすみ
出かける時間まで、とにかくほっとやすらぐ時間をすごして
つぎは月曜か日曜。


日曜だと天気予報では強雨
月曜だと、二日空いてしまう。
タクシー使うんだったら、往診がいい 、、
、、こんなかんじで
今週は考えてばかりでこころ(脳)がつかれた〜
モモちゃんはその何倍もたいへんだったね。



ギズちゃん

こんどからボクに教えてなのにゃん

P1150440モモちゃん往診後ギズモと

モモちゃん、 ギズが気ぃつけてよう見とくわ〜〜






ひそひそひそ…
にほんブログ村 猫ブログ 老猫・高齢猫へ
にほんブログ村
ぴよぴよぴよ…

フローリングシートだけやなく
掃除機が登場したら
なにかあるで〜〜


にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ
にほんブログ村
きょうはホワイトデーったいね〜〜

P1150086ホワイトデーが忙しいモモちゃん♪

MMKなボクはお返しがたいへんなのにゃん

| 通院・病院2013〜 | 10:37 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

モモちゃん往診での皮下点滴とそのあとの様子1

3月12日(水)

Mar.12.2015


3月9日 月曜日… 21日間隔の貧血改善の注射
ダルベポエチンを受けにいったとき、約6時間の絶食もしていき
血液検査もしました。

結果、貧血は問題なかったものの、
腎臓の数値が上がっていて
たぶん脱水だろうということで
いつもより多めの皮下点滴を、
受けた方がいいとのことでした。
(歯が痛くてあまりごはんが食べれてないから
食事による水分量など足りていないそうです)


多めの皮下点滴というのは「量」か「回数」か
「週3回くらい」と「毎日のほうが」はどちらがいいのか
なんだかはっきりあたまに入らず、判断できなくて、
明日はどうしたほうがベストか伺うと
食欲など改善するまで(体重が減っている)
「受けた方がよい」ということだったので、
次の日も予約しました。


3月10日 火曜…日中6℃ 寒すぎ
バスで往復行ける時間帯に予約したけど、
バス停までけっこう歩くので、この寒さではムリと思い
往復タクシーで。

家に帰り着き、寒さと疲れでふたりとも仕事まで爆睡

水曜日はモモちゃんに負担が少ないように
往診での皮下点滴を試してみました。


3月11日水曜日 当日 1:30pm〜2:00pmのあいだ

30分まえに看護師さんからお電話があり、家の住所をきかれて
モモちゃんに悟られないように待機していると、なんと
院長先生自らと看護師さんが来られました。

じつはモモちゃん、前の病院ではあまりにも嫌がるので
リスちゃんはわたし、(自信がない日は病院)
モモちゃんは看護師さんが自宅に来られて皮下点滴していました。

なので、てっきり看護師さんひとりで来られると思ってたので
かなり緊張しました


まず、診察そして検温、体重測定以外は病院と変わらず
手際良く輸液をセットされ、逃げる間もなく
モモちゃんの点滴開始されました。

血液検査の数値は上がっていたものの、
ぐったりしているとか、そういうのがなく
いまのところただの点滴なので
これで往診に来てもらうというのはいいのだろうか…
というなんだか申し訳ない気持ちになったり。

でも、週3〜5回点滴したとして、そのうち一回は家の方が
モモちゃん的にはアウェーではなく名の通りホームなので
楽なのでは…?とか 、、いろいろ考えていると

どうやら、先生的には
「モモちゃんどうのより、問題は わたしができるかどうか」と

家だったら(往診でなくわたしが)朝と夕2回100ずつ入れられて
負担が少ないしとか、なんとか。

びっくりして、「針を2回刺すということですか?」と質問したけど 、、
たぶんプロである先生は、目薬さすくらいのことなのかも


たしかにリスちゃんのときは頑張った。
本来、注射の針なんか見ることのできないわたしが、
それはもうありえないテンションをあげて、あげて
あげて挑む! という感じだったし。
でも、もうやり方忘れてるし。なによりも

大好きなモモちゃんに嫌われるのがこわい。
↑ココだな、たぶん。



ここから往診皮下点滴中のモモちゃんの様子です。

点滴のパックを用意していたハンガーラックにつるして
そこからモモちゃんに針をさすまでの手際はすごかったです。
…とおもいきや、なにかを(たぶん点滴をおとすときの何か)
外すのを忘れてて、さっと針をぬき また刺してましたが
それも ものの数秒、素人のもたもたがない分 モモちゃんも楽なはず。

点滴のパックは「ハルゼン」でした。
リスちゃんのと違うときくと、人間用と動物用で
ハルゼンは、そのどちらかだと
(あんまりあたまに入っていない


写真はだいぶ経って 、、というか見守る事しかすることなくて
間も持たず、写真撮っていいでしょうか?とお聞きして
撮影したのですが、

P1150392モモちゃん往診皮下点滴
(これは、わるい夢にゃ)

わたしに背を向けていたモモちゃん、

P1150393モモちゃん往診皮下点滴1
(だれもいない、いない、いない…)

シャッター音が鳴ると、

なんと皮下点滴の最中なのに、こちらに向きをかえ

(ん?)
P1150394モモちゃん往診皮下点滴2
(おさしん撮るのかにゃん?)

いつものようにカメラ目線で対応しようとする(;´▽`

これには 笑いがおこりました。

病院同様 おとなしくしていたモモちゃん
(やや我慢してる後ろ姿かも、ホームだから)
上の2枚はほぼ、みんなが見守っている中でひとり点滴だったのに
もぞもぞ方向転換したとき(3,4枚目)、絡んで針が抜けないように
チューブを持ち上げられていました。



あ 、、。

P1150396モモちゃん往診皮下点滴3

せんせい 、、。


時間にしてだいたい30分ちょっと。
わざわざ、来ていただいていいものか…というのと
問題はモモちゃんではなく、わたしというちいさな衝撃と
ここでもシンプリセフのお薬を飲ませていただき
ホッとしたのと、、そんな往診皮下点滴でした。

お支払いは病院ではいつもカードですが往診は現金でした。

そして、レオちゃん。
9月になるまで往復タクシーとかが多かったのですが
そのときに活用できればよかったと思いました。





次回は 院長先生と看護師さんが帰られてからの
モモちゃんの様子です。


にほんブログ村 猫ブログ 老猫・高齢猫へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ
にほんブログ村

いつもありがとうございます
返信遅れていてすみません

アップしたつもりが下書きのまま出かけていました

| 通院・病院2013〜 | 15:15 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

モモちゃん、今年さいごのダルベポエチン

12月12日(金)

Dec. 12. 2014 cold


きょうは、モモちゃんは病院へ

P1020138モモちゃん今年さいごのダルベポエチン2014PE

今年さいごのダルベポエチンの注射と皮下点滴に行ってきました。

予約なしの午前中
すぐモモちゃんの番になり、体重測定や検温などしたのですが
体重が少し減っていて、少し体温も低かったです。

先生が この病院に通いだしたころからのモモちゃんの体重の推移を
パソコンでみながら説明され、たぶん脱水でしょう、と。


そのとき、カルテのレオちゃんの名前がリスちゃんと同様
うすい文字になってたのを見てしまい
我慢してたけど、なんかいっきにこみあげてきました。


この日は、絶食をせずに行ったので血液検査はなし。
モモちゃんがダルベポエチンの注射と皮下点滴を受けているあいだ
レオちゃんがお世話になったご挨拶などしました。


薬は"セミントラ"と"メルカゾール"1ヶ月分
明細書はモモちゃんひとり分

そうか、
26日の明細書がレオちゃんのさいごの明細書だったんだな

P1020149レオちゃんのカルテNov.26PE

うちにきて、すぐ病院に連れて行き、
初めてのレオちゃんのカルテは、なんとなくはにかんだような
やさしい笑みをうかべていて、わたしのお気に入りでした。


思えば、3にんでいっしょに通院したのも
先月の11月21日がさいごだったんだな


5月、レオちゃんの闘病がはじまってからの
さいしょのモモちゃんのダルベポエチンの注射の時、
レオちゃんはてんかん(心臓発作?)のあとだったので、
電話で連れて来るべきかそれとも家でお留守番させるのがいいかと
伺ったことがありました。

院長先生いわく”それはとてもむずかしい質問なので
ご自身で判断してください” と。

考えに考え、家でなにかあってもひとりぼっち。
いっしょに行って、バスで具合悪くなったとしても、
3にんいっしょ。
絶対ひとりにはしないし、今までスリングだったのをキャリーに変えて
慎重に連れて行く選択をして、それ以来かならず
レオちゃんもいっしょに行って皮下点滴やビタミン入の注射をしていました。




病院にいるあいだ、患犬さんがなんにんかいらして
ふだんなら、可愛くてみているのが好きなんだけど
きょうは無性にさびしくなりました。

いつまでもこんな状態だと、レオちゃんがいいところに行けないとか
いろいろ気を遣ってくださるのだけど、
自分でコントロールできるものでもなく
とつぜん、悲しくなったり涙がでたりするので
なにも響いてないみたいでもうしわけなかったです。


P102014012月今年さいごのダルベポエチン


にほんブログ村 猫ブログ 老猫・高齢猫へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ
にほんブログ村
12/13upしました

| 通院・病院2013〜 | 13:38 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。