2010年12月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年02月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

リスちゃんとすごしたさいごの日 ~あれからひと月~

一ヶ月前の今朝
目覚めたらわたしの横にはリスちゃんがいてくれました。

これから先、足がたてなくても、寝たきりでも
こうやって生きてくれて、となりにいてくれるだけでうれしかった・・

23日、新しい病院で助けてもらった命・・それでも
今日一日だけかもしれない、と思い
3にんのしあわせな時間をかみしめて過ごした
モモとリスとわたし

そして、24~26日穏やかで静かなクリスマスを過ごしているうちに
欲がでてきて・・もしかしたら、年越しできるかも・・と思いはじめ
29日は年末のお薬を2週間分いただいたり、久しぶりの点滴100mlいれたり


まさか、その次の日の夜にお別れになるなんて思いもしなかったのです。




そして、一ヵ月後の今日
わたしはあの日と同じようにこたつで寝て
となりには リスちゃんのにゃんこさんベッド
こたつの上にはモモちゃん、テレビの前にはクリスマスツリーが
今も変わらずゆっくりとやさしい灯りで部屋を照らしている・・


なのに、もうリスちゃんはいないんだ・・。


リスちゃん、あの日と同じようにまた雪がふってきたよ。


わたしは ただただ後悔、ただただリスちゃんに逢いたくて・・
モモちゃんは、まいにち 毎晩リスちゃんをさがしに行き

そして・・


わたしたちはクリスマス、あの日のまま時が止まっているのです。



一ヶ月前の今日のメモをみるとリスちゃんは朝の5時から
一回の量は少しですが、回数をふやしてたべていました。

食べられるものも限られ、飲みこみもしづらくなってるようでしたが
それでも食べてくれるのがうれしくて、やわらかい猫缶やパウチを
さらにペースト状にしたりしてあげてました。


そして、お昼には

リスちゃんの大好きなクリームパン

リスちゃんの大好きなクリームパンをあげました。






ちょっとお口まわりにクリームがついちゃったけど
ペチャペチャとおいしそうになめてくれました。

やっぱり リスちゃんは、クリームパンが大好きなんだね。




7秒あたりでわたしが「おいしい?」とたずねると

言葉のわかるリスちゃんは、まばたきで

「うん、おいしいのにゃん」とこたえてくれてる

リスちゃん、からだがしんどいのにたべてくれて ありがとう。

問いかけにもこたえてくれて

ほんとうにありがとう。





よし、この調子!と思い、モモちゃんの見守るなか

大好きな半熟卵の黄身をたべようね

リスちゃん大好きな半熟卵の黄身も用意しました。

これまたお口まわりをまっ黄色にして
おいしそうにペロペロなめてくれました。


このクリームパンのクリームをなめるリスちゃんは
たぶんさいごの動画です。


そして


2010年 12月30日 18時51分


うずら母さんやお兄ちゃんのいる天国へ旅立つちょうど1時間前
リスちゃん、さいごのお写真です。


1時間前の穏やかでやさしいリスちゃん

うさぎさんのコートをきて、ピンうの毛糸のうでわして
リラックスしているようです。

クロスしたおててでお気に入りのにゃんこさんまくらをつかんでます。
リスちゃん、なにを考えてたのかな・・。

このころ、わたしには見えなかったけど
うずら母さんやお兄ちゃんたちがお迎えにきて
リスちゃんのまわりにいたかもね・・

そうだったらいいけど。


このあとわたしの手をつかんで旅立ちました。





にほんブログ村 猫ブログ 老猫・高齢猫へ
リスちゃん ありがとう・にほんブログ村

スポンサーサイト

| モモリスちゃん日記 | 19:51 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

クリスマス・イブの日に

昨年の今日は、3にんで過ごしたさいごのクリスマスイブ。



でも、この日 22日退院したというのに まだリスちゃんは
機械につながれたままだった。
(このことは、いずれ詳しく)

22日、お会計も済ませようと思ったのに・・
(お会計をのばすことがあるので、その日に済ませるべき、と聞いてた)

案の定「次回に」といわれ


23日は、ある計画の前に さっぱり手を切りたかったのだ・・が、

またもや、お会計の明細書はまだできてないという・・それどころか

わたしは、また怒鳴られ、(今でも状況、言葉、表情、すべてしっかり覚えている)

わたしが知人にアドバイスの電話をしているうちに
勝手にレントゲン室につれていかれ、なんと首輪をつけたままれんとげんをとられ

リスちゃんは またつながれたのだ。



いつものタクシーを待たせてのことだった。

ひとりではないのだ、タクシーの運転手さんもいて
電話をすると、すぐ出てくれて力になってくれる人もいた。

なのに・・わたしは、もっと強くでていけなかったのか。

こわくてひるんだのだ・・ほんの少しひるんだのだと思う。




にほんブログ村 猫ブログ 老猫・高齢猫へ
にほんブログ村

| モモリスちゃん日記 | 23:31 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

お花にかこまれたリスちゃん


1月3日、リスちゃんのからだとおわかれしました。

30日から5日間お家ですごしたリスちゃん。

いよいよ明日という夜は、何をもたせようか、とか
今からリスちゃんにしてあげることはないか・・とか
気持ちばかりあせり、結局添い寝したりして 次の日を迎えました。

朝、お花で飾ってあげたり リスちゃんにあげるものを用意したり
モモちゃんとわたしの髪の毛とリスちゃんのやわらかな毛を交換したり
ブログにてお知らせしたり・・

そして、最後にリスちゃんのお誕生日に弾いた曲を
今度はベッドごとリスちゃんをおひざにのせて演奏しました。



いつものタクシーで、まだ大晦日と元旦の雪が残っている中
ドライブ大好きなリスちゃんと最後のドライブでした。


わたしはお気に入りの紺のスカートとリスちゃんとピアノ弾いたときのブラウス
リスちゃんは毛糸のうでわと着けていたクリスマス用の首わに更に
お正月用の首わ、そしてクリスマスプレゼントのブランケット
ふくろうさん、猫のあごまくらとお気に入りのタオルケットなど。





そして、リスちゃんは



お花にかこまれたリスちゃん


さくら色のちいさなお箱に入って帰ってきました。



元気だったときは この時期、風邪ひかないように
お気に入りのブランケットをかぶってお昼寝したり
お洋服を着ていたおしゃれなリスちゃん。


寒そうなので


うさぎさんのリスちゃん

うさぎさんのコートを着せてあげました。

うずら母さんがなくなったとき、お母さん代わりで
いつもいっしょだった くまたんともいっしょです。

お皿には大好きだったかぼちゃ
毛糸はリスちゃんの腕をおおったうでわを作ったときの毛糸



* * * * * * *

そういえば

「キョウネン ナンサイデスカ?」とたずねられ、
「昨年の10月12日が19歳のお誕生日です。」とこたえると

「20歳ですね」と。

!!

リスちゃん、20歳だって!


実は、わたしたちは日ごろ「20さい」というのを
あまり意識していなかったかもしれない。

どちらかというと、口ぐせは

「ねーちゃんがおばーちゃんになるまでいっしょにいてね。」

だったから。

・・なので、こんなにも悲しい場所で
思いがけない「20歳」という言葉が少しうれしかったです。

* * * * * * *



お家に帰ってきたリスちゃんのまわりをきれいなお花がいっぱいです。
これらは、リスちゃんに届けていただいたお花です。


ありがたくて、ひとつひとつ リスちゃんと記念撮影しました。



ぼすちんさんからお花 23日に助けてくださった本物の獣医さんからお花

       ぼすちんさん            23日に助けてくださった動物病院


コロちゃんから名札 toriさんからお花

t さんから名札                   toriさん



ちゃんこちゃんママさんからお花 baraiさんからプリザードフラワー

   ちゃんこちゃんママさん           baraiさんからプリザードフラワー




メッセージ入りのお花や手作りの名札
本当にありがとうございました。


この寒さのおかげでしょうか、なんといちばん早く届いたお花も
いまだにきれいに咲いています。



お花、ありがとにゃん

お花にかこまれたリスちゃんは、20さいなのにゃん





大好きなうさリスちゃん

りすこんみんにゃ ありがとにゃん またにゃ。



ももこんりすこん
ボクたち3にんはいつもいっしょ

にほんブログ村 猫ブログ 老猫・高齢猫へ
リスちゃん、ありがとう♪にほんブログ村

一ヶ月前の今日、冬至でリスちゃんにかぼちゃを食べました。

そして・・


書くというのは、思い出す作業であり、確認の作業でもあります。
「書く」ことでそれは「現実」になり・・それだけに
つらいことを書くのはかなりのエネルギーを要します。

でも書かなければ、前にすすめません。

かけがえのない命

あの日何が起こったのか、
どんな言葉をはかれ、どんな思いでわたしたちがいたか・・
説明は・・? 
そして、後悔・・うやむやにすれば
せっかくの、わたしたちの今までのがんばりも無駄になります。
メモをみながら、聴きながら、何らかの形で記します。

---------------------------------

| モモリスちゃん日記 | 23:57 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

REGRET

一ヶ月前の今日、冬至でリスちゃんにかぼちゃをもって行きました。
パクパクたべてくれた動画もあります。

そして、夕方のあの電話・・
気が狂いそうになりながら病院に行くタクシーの中でブログに投稿

運転手さんに「祈ってて」といい残し、タクシーをあとにするも

なんの緊張感もなく「説明の部屋へ」といわれ、それを振り払い
「まずはリスちゃんにあわせてください」といい

生きててうれしかったと同時に、退院させた日。

でも利尿剤の機械につながれたまま。

その日の帰り、ものすごいグーグーとのどを鳴らしていた
リスちゃんが忘れられません。

グーグーの音はいまだにはっきり耳に残っています。

よっぽどうれしかったんだね。

入院なんかさせて本当にごめんなさい。


違和感が不信感に変わる前に・・
19歳の老猫に全身麻酔をすすめられたときに・・
暴言をはかれ、かるーいフォロー?のメールがきたとき
病院を移るんだった・・。
入院して、静脈点滴しか手立てがない・・
ホントにそうだったろうか・・。
せめて、入院させなければよかった。


ただただ、リスちゃんに会いたい・・

後悔の日々です。
  

そして・・ノートにつける日記にしろ、ブログにしろ
できるだけ楽しいことだけ書いてきました。
つらいこと、悲しいこともある現実・・でもせめて日記の中だけは
楽しいことでいっぱいに・・と思っていたからです。

・・ただ、これからは、つらいこと、悲しいこと、負の感情も
今、相談しているところに差しさわりのない程度に
なんらかの形で記していこうと思います。

 

| 未分類 | 07:22 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

リスちゃんのほほ笑みとおてて


わたしの愛する妹リスちゃんは


リスちゃんと手をつないで


わたしの手をしっかりつかんで旅立ちました。


わたしはふだんのおしゃべりで

3にんは、いつでもいっしょどこか行くときは手をつないで

いっせーのせっ!でいくんだよ

・・なんて 話していました。


リスちゃんは、やっぱり言葉がわかってたんだね。


19時51分に旅立ったリスちゃん。

22時21分までわたしはずっとこのままでいました。



留置針がないのに、細い腕がでたままの右手は

毛糸のうでわですぐ覆ってあげましたが

留置針の入っている左手は、今の主治医にうかがい

わたしがていねいに針をはずしてあげて


リスちゃんのがんばったおててと毛糸のうでわ

がんばりぬいた左手にも毛糸のうでわをつけてあげました。


おしゃれで、ピアノも弾けて、お会計もできる

器用なリスちゃんのおてて


リスちゃんとずっといっしょ

さいごまでやわらかく温かかったリスちゃんのおてて

本当にありがとうね。





短い闘病中(慢性腎不全はのぞく)

いろいろありましたが

リスちゃんはいつでもわたしの味方でした。


わたしの愛する妹は、いつの間にか わたしのなかで

「おねえさん」

・・という存在だったかもしれません。



そんな強くてやさしいリスちゃんの寝顔は

とても穏やかで 少しほほ笑んでいるようでした。


リスちゃん





ももこんりすこん
リスちゃんが大好きなボクと姉は
りすちゃんといっしょに過ごした日々を
わすれないのにゃん





にほんブログ村 猫ブログ 老猫・高齢猫へ
リスちゃん、ありがとう♪にほんブログ村
リスちゃんへやさしいのコメントやメールや手作りの名札
そして毎日のようにおくられてまいります
きれいなお花
本当にありがたく感謝しております。

12月30日から1月3日まで5日間もお家にいてくれたリスちゃん。

今、モモちゃんは毎日テレビをみて過ごしています。
わたしがリスちゃんの動画をみていると
モモちゃんもじーっとみています。
気が紛れるのかな・・でもその姿は本当にさびしそうです。
ここ何日かはいろんな部屋をまわり、探しているようです。

わたしも今はまだ普通のことをするにも時間がかかる状態ですが
12月30日にいただきましたコメントのお礼を
少しずつでも返信できれば・・と思っています。

本当にありがとうございました。

| モモリスちゃん日記 | 12:22 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

わたしの愛する妹リスちゃん


わたしの愛する妹リスちゃん


わたしの大好きな妹リスちゃん

リスちゃんと過ごした19年と2ヶ月のきらきらかがやいた日々
本当にたのしかったよ。


ピアノが演奏できて、お会計ができて
モモちゃんが大好きで、みんなに愛されたリスちゃん


わたしの大好きな妹リスちゃん


これからも リスちゃんとモモちゃんとねーちゃんは
ずーっといっしょだよ。

モモちゃんとねーちゃんのことは心配しないでね。




きょう1月3日(月)お昼12じに
大好きな妹リスちゃんのからだとお別れします。

その時間にリスちゃんのことを思っていただけると
うれしいです。





ももこんりすこん
おしゃれ大好きな仲良し夫婦
モモちゃんとリスちゃん



にほんブログ村 猫ブログ 老猫・高齢猫へ
リスちゃん、ありがとう♪にほんブログ村

リスちゃんへのきれいなお花、そして追悼のブログ、
やさしいコメントやメール
本当にありがとうございました。

みんなリスちゃんに読んであげました。
リスちゃんはほほ笑んでいました。

りすこん
みんにゃ、ありがとにゃん♪



| モモリスちゃん日記 | 10:32 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

2010年12月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年02月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。