PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

22歳老猫モモちゃんからの合図 10/11

10月28日(水) モモレオちゃんと出かけた日


Oct. 28 .2015

Every day since Oct.11 I had been overwhelmed by excessive sorrow,
but today for only a moment I got a warm feeling, with my heart filled with peace.




10/10(土)の夜

8月後半から、お薬を飲ませ方、落ち込み、目からの出血など
ネットの情報が頼りで、少し目が疲れてたりして、でも
モモちゃんと過ごす時間に寝るのはもったいと思いながら過ごしていました。


いま思えば、最後の夜に
「モモちゃんが寝てる時、わたしもいっしょに寝ればいいんだ」
と思って、タイルマットの上にいるモモちゃんの近くで横になっていたら
いつのまにか寝てしまい、起きたら次の日の3時すぎでした。


なんとなく耳は聞こえていたものの、モモちゃんを探すと
ソファの下に足が入ってるような、潜れる高さはないけど
一瞬潜ろうとしたのかな?と思うようなところにいたので
すぐマットの真ん中にだしてあげて、
わたしはキッチンに置いたままのおちゃわんなど洗い
そのままモモちゃんのごはんを用意しました。

薬を飲ませるにはまだ早いと思ったのか、
シンプリセフのお薬は作らず
夜中の分の栄養補給をしようと思った気がします。


まぐろを煮たのとデビフのカロリーエース2・ヨーグルト・シロップ
高栄養素パウダー少しオリゴ糖をまぜてのを用意して
まずは、まぐろのお皿を口元に持っていくと

すぐ食べようとしましたが、口が痛かったのか
イタタタ、という動作をしたので、動画はそこで止めて
シリンジでカロリーエースなどをあげると、全部飲んでくれました。

高栄養系は、そのままだとお口周りがカピカピになりやすいので
その都度、ウェットティッシュで優しく押さえていました。

この時も、おひざに乗せてお口をウエットティッシュで
きれいにしたあと、モモちゃんをマットにおろして少し見ていると、


モモちゃんの左目がなんだかおかしい気がしました。


あれ?と思いよく見ると、あきらかにおかしく
なぜかわからないけど、ただ事ではない気がしました。


様子をみているうちに呼吸もちがう気がして、
" 猫の呼吸 おかしい" で検索しつつ、すぐ、抱っこしてソファに移動


6時前だったし、電話するような時間ではないし
まさか起きてくれるとは思わなかったけれど、
心細くなって友人に電話しました。
出てくれた上すぐ掛け直してくれて、10分ほど話したところで

"モモちゃんと二人きりの時間を過ごすから”と伝えました。

モモちゃんと過ごす残り時間が、
いよいよ残り少なくなっている、と感じました。

混乱もしていましたが、落ちつかなければという思いもあり
そこで思い出したのが、カレンダー。

実は、きのう共立製薬からのカレンダーが届いていました。
夕方、ポストをのぞくと入っていたので、日曜日に
モモちゃんとゆっくり見ようとベッドに置いたままにしていたのです。


6:25am すぐ開封し、少し息が早くなっているモモちゃんを撫でながら
どこに載っているかわからないモモちゃんのページを
片手で必死に探しました。

" まだ行かないで!!" と言いながら、探し出した
1月18日のモモちゃん

すぐモモちゃんに見せました。


共立製薬カレンダー2016に載せていただいた22歳モモちゃん

5月に掲載させてもらうことが決まって、
今か今かと楽しみに待っていたもの

そのあと、少しだけ落ち着いて出会ってくれてありがとう、と
今までのたくさんのお礼や思い出話しをしました。


そうはいっても、どこかで持ち直すかも
ここを乗り越えたら大丈夫かも、という気持ちもまだまだあり
大好きな生クリームを口元に持っていくと
モモちゃんは大好きだからか、生クリームをみて
一瞬食べようとしました。

大好きな猫草も鼻元に持っていきました。

この時のわたしは、生クリームのときとちがって、
食べて! というより、草アロマというか、大好きな草のにおいをかぎながら
まるで大好きなベランダにいる感じで、わたしの声が聞きながら
安心できる雰囲気にしようとおもいました。


そして 、、

6時40分ごろ

それまでは引き止める気持ちもありましたが

苦いお薬のときの、シャッターが閉じたような落ち込みや
さっきの、目がおかしいと感じた時と同様、


モモちゃんがはっきり一人で歩みだしたのがわかりました。

いま思えば、どうしてそう思ったかはわからないけど 、、


モモちゃんは、強く静かにひとりで歩み始めたな。
もう止められない
ここは、しっかり見守って、わたしは感謝の言葉を伝えなければ。

あきらめるというより、
りっぱなモモちゃんをしっかり見送ってお別れしよう

そう思いました。




ここずっと不安でこわかったこと、、そして
わたしのさいごの願いは、

とにかく、さいごはモモちゃんといっしょにいたい
モモちゃんを見送りたい
お留守番のあいだ、ひとりで‥だけは、絶対だめ

子猫だったモモちゃんと出会ったあの日から
22年間も生きてくれたモモちゃんのさいごの日に
いっしょにいたい



そんな思いをわかってか 、、
モモちゃんは、わたしにわかるように
しっかり合図をだしてくれたのだと思います。

わたしが、仕事が休みになってから、
そして日曜日、祝日の静かな日に
モモちゃんはわたしに見守られながらお星さまになりました。


10月11日(日)7:06


モモちゃんはさいごのさいごまで立派でした。





世界一の猫モモちゃん22歳 ~レオちゃんの夜も支えてくれた~
Nov. 27. 2014 1:39am

レオちゃんがお星さまになった夜もそばにいて支えてくれたモモちゃん



みんなしゃ〜ん

P1130806.jpg

ありがとなのにゃん

またにゃん






にほんブログ村 猫ブログ 老猫・高齢猫へ
にほんブログ村


にほんブログ村 猫ブログ 老猫・高齢猫へ
にほんブログ村


にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ
にほんブログ村


にほんブログ村 猫ブログ 老猫・高齢猫へ
にほんブログ村

| 猫犬弟妹モモレオちゃん♪ | 13:25 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2015/10/29 20:29 | |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://momotorisu.blog87.fc2.com/tb.php/1104-c8d8947c

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。