PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

悲しみにくれた一年 ~大好きなミミーちゃんとぺロちゃん~


小学生のころからいっしょに暮らしてきたミミーちゃん(男の子)が

ミミーちゃん
(お気に入りのピンクの毛布の前でポーズをとるミミー)


1995年5月、とうとうお星さまになってしまいました。

お鼻と肉球がピンク色で毎日きれいに真ん中分けにおしゃれしていたミミーちゃん。

小さい頃からピアノを習っていたわたしは、小学2年生の時に
念願のアップライトピアノを買ってもらいました。

ミミーちゃん
(これはエレクトーンがやってきたときのミミーちゃんチェック)


その嬉しさもあり、最初はガンガン弾いていたのですが、
専門的にしてたこともあり、楽しいことばかりではありませんでした。

友達が遊びに誘ってくれたのをことわり、ピアノを弾かねばならない日もあったのです。

そんな中で続けてこれたのは、ミミーちゃんのおかげ。

ミミーちゃん
(こんなかんじで練習中みててくれるのです)

ミミーちゃんは毎日夕方になるとピアノの上に乗っかり、
きっかり30分練習に付き合ってくれるのです。

ミミーがみてくれてると嬉しくて練習もはかどるし、終わったらふたりで
遊ぶという、本当に兄妹でした。

わたしも子供でしたので、けんかもしましたが、
ある意味 周りの誰よりも固い絆でむすばれていました。

ひっこしが多かったのですが、いつもいっしょ。

お散歩もいっしょに行きました。

お散歩ミミーちゃん
(15~16さいと思えぬ俊足の持ち主。しっぽはボブテイル) 

一本みちを駆け上がる速さといったらすごかったのです。

近くの公園にもおしゃれしてお出かけしました。

ミミーちゃん
(マントをひるがえしすべり台をすべるミミーちゃん)

やがて、兄妹から姉弟へ・・大人になり、そして1995年5月

ミミーちゃん
(エレクトーンの上にのって演奏するミミー(中)と
X'masに初めてラウンジで演奏(トリオ)した後抱っこして記念撮影(右))


とうとうミミーはお星さまになってしまいました。
ネズミのパンやベアをつくって庭のお花とともにお供えしました。


当時、モモちゃんは一階にいましたが、あるとき2階にあがってきて
わたしが泣いてる涙をそっとなめてくれました。

少しだけ苦しみから浮いてきたような気がしました。

それから、お外猫だったリスちゃんとお兄さんやお母さんとモモちゃんに
助けられながら毎日をすごしていました。

     
リスちゃんには、チョビちゃんとぺロちゃんというお兄さんがふたりいました。

チョッちゃん
(わたしと仲良しだった甘えっこチョッちゃん)

ぺロちゃんとリスちゃん
(ぺロちゃんとリスちゃん)

ぺロちゃんはなかなか人間になれずわたしも最初は抱っこできない状態でした。
   
・・が、リスちゃんのお母さんのウズラちゃんやチョッちゃんが撫でられたりしてるのをみて
安全なヒトとわたしのことを思ってくれたのか、
次第に足に擦り寄ってきてくれて抱っこもさせてくれるようになりました。

ぺロちゃん
(とてもやさしくみんなのムードメーカー的存在だったぺロちゃん)
         
そんな穏やかな日を送っていた14年前の11月6日、
若くて真っ黒のつやつや毛並み、健康診断はいつも好成績の
ぺロちゃんがとつぜん天使になってしまいました。

長生きの末とか、病気で・・とか以上に無念なお別れでした・・。

いちばん無念だったのは、ぺロ本猫だったとおもいます。

一年のうちにふたりの大好きで大切な兄弟とのお別れは
本当に言葉で表せないほどつらく悲しい出来事でした。

                
わたしは、「今までありがとう」の気持ちを込めてキルトをつくりました。

キルト ~ブルークリスマス~
(ブルークリスマスのキルト)

クリスマスは一年でいちばん好きな季節なのですが

キルト

大切な兄弟、ミミーちゃんとぺロちゃんは、もういません。

まさにブルークリスマスでした・・。


1995年は夢中になってキルトをつくり続けました。

キルト
(ミミーちゃんへ)

お花のキルト
(お花でいっぱいのところで幸せでいてくれるように願いを込めて)


そしてクリスマス、わたしがつくったキルトとベアで
さびしくないようににぎやかに囲んであげました。

1995年クリスマス
( ミミーの写真は、可愛くてめずらしいと街の写真館がショーウィンドウに
飾ってあるのを通りすがりに発見して、飾らしてもらったお礼にと
フレーム付きで頂いたもの。また、ギズモの横にあるのはお散歩用の靴 4足)
(真ん中のペロちゃんにみたてた黒猫は
ガラスの目が入った カラスから農作物を守るフランスの雑貨)


11月6日は、ぺロちゃんの日

・・と同時に1995年の悲しかった年が思い出されます。
わたしの力不足で外猫さんとして暮らさせてしまったこと。
          
リスちゃんにとっては家族と暮らした貴重な日々でもあります。


この後もわたしにはつらいことがあったのですが、
こうして日々暮らしているのは、ミミーちゃん、ぺロちゃん みんなのおかげです。

何年経とうが、あわただしい毎日を送っていようが、みんなのことを
思い出し、写真をみて語りかけ、感謝する・・そして
                        
 ずっと忘れない
            
・・これが今のわたしに唯一できることだと思うのです。

      
そして、今はモモちゃんとリスちゃんを最高にしあわせにしてあげられるように
わたしを育て導いてくれた兄弟(猫)たちに恩返しができるように
日々暮らしていきたいです。



11月8日(日)23時にアップしました。




いつもわたしをささえてくれた歴代の兄弟にゃんこちゃんたち
また大切なモモちゃんとリスちゃん・わたしの仲良し大家族に
応援よろしくおねがいします♪
にほんブログ村 猫ブログ 老猫・高齢猫へ
ありがとうございますm(_ _ )m

| 思い出 | 23:38 | comments:14 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

私もかつて、犬を飼っていました。いわゆる雑種でした。
かつて、と過去形になっているのは、天国へ旅立ってしまったからです。今年の1月13日のことです。14歳になる少し前のことでした。老衰でした。
妹が、子犬の時に拾ってきた子です。食事も家族と一緒、寝る時も家族と一緒。散歩は朝、昼、晩の3回欠かさず行っていました。真夏、アスファルトが熱い日は、日陰がある所へ車で連れて行って散歩していました。
レッスン室にも連れて行き、私や生徒さんのピアノをよく聴いていましたよ。

そんな溺愛していたワンちゃんが、天国へ旅立ってしまった時は、哀しかったけれど、ずっと忘れない、そして、思い出をたくさんありがとう、という気持ちは私も同じです。
何か、私事ばかり書いてすみません。でも、すごく共感してしまったので、こういうコメントになってしまいました。

momorisuさんの所の猫ちゃんたちは、ご家族の愛情に包まれて、みんな幸せですね♪

| asahimame | 2009/11/09 12:06 | URL | ≫ EDIT

ミミーちゃん、ペロちゃん、ウズラちゃん、そしてモモちゃん、リスちゃんがmomorisuさんにとってどれほどかけがえのない存在なのか、そして今モモくん、リスちゃんに対する深い愛情の源がどこにあるのかが、よくわかりました。

お星さまになってしまった人や動物には「忘れないで感謝する」事しかできないけれど、それが自分にとっても一番大切な事なんだと思います。彼らのことを想うと、辛く悲しいのは当然だけど、同じ時を生きた証!彼らとの思い出は絶対に消えないし誰にも消せないですものね。

人には言えない悩みや愚痴やその日の出来事も全部話しても決して口外しない、信頼しきれる大切な家族。
そういう家族に巡り会えたのは、幸せなのですよね。

| ぼすちん | 2009/11/09 20:30 | URL | ≫ EDIT

 真っ黒ぺロみっけにゃ~~

| コロ | 2009/11/09 22:56 | URL |

ミミーちゃん、女の子のような印象の優しい可愛い子ですね。
今日の記事、私も歴代ワンニャンの事を思い出しながら涙して読ませて頂きました。
別れは本当に辛く身を引き裂かれるような壮絶な悲しみですよね。
でも、深い愛情に包まれて幸せな猫生だったという事が今日の記事でとてもよくわかりますよ。

| barai | 2009/11/10 17:56 | URL | ≫ EDIT

asahimameさま
以前のコメントでわんちゃんのことを書かれていらっしゃいましたが
まだ1年も経っていない最近のお話だったのですね。
それはさびしいですねi-241
もう家族も同然ですからねi-38e-267
わたしも心の支えというか完全に頼ってましたから、
そのときの空虚感といったら相当のものでした。
もう14年も前になりますが、いまだに感謝の気持ちとともに、
あの時こうしていたら・・と、ふと考えてしまうのですi-241

| momorisu | 2009/11/11 22:11 | URL |

ぼすちんさま
本当にかけがえのない存在ですねe-267
みんながいないと自分の存在や意味もわからなくなるくらいです。
「忘れないで感謝する」って大切ですよね。
ただ、今でも14年前の6日の朝のことを思い出すと
後悔やさまざまな感情が浮かんできますi-241
ぼすちんさんがおっしゃるとおり それも「同じ時を生きた証」なのかもですね。
いろんな偶然がかさなった、もう運命としかいいようがないみんなとの縁e-420
今のわたしにできることは、全力でモモリスちゃんたちを愛することi-176
それがミミーちゃんたちへの恩返しにもつながるのかなと思うのですe-465

| momorisu | 2009/11/11 23:12 | URL |

コロちゃんさま
コロちゃんにみっけられたにゃ~~。
ペロちゃんは よくある黒猫だからクロ、っていうのを少しひねって
ペロe-420って名づけられたのにゃ~。
ミミーちゃんのスペルは「Mimy」e-420 将来 外国にいっても通用するように
子供だった姉が「y」をつけたけど、ずっと日本にいたにゅ~i-239
ペロちゃんはリスちゃんのやさしいお兄さんにゃ~i-176
コロちゃん、お誕生日おしえてくれてありがとにゃ~。
リスちゃんもともだちができてよかったにゅ~(=・ェ・=?ニュ?
もうすぐクリスマスにょ~~e-465e-420

| リス | 2009/11/12 00:15 | URL |

baraiさま
ミミーちゃんのこと、ありがとうございますe-466
本当にお鼻もお腹も肉球もピンクでした。
一人っ子のわたしの一番の味方で、小学生から社会人になるまで
ずっといっしょでしたi-176
あの頃、にゃんこのお散歩はめずらしいものでしたが
長い距離のお散歩もいっしょに楽しみましたi-239
いっしょに過ごす時間が多かっただけに
晩年どんどん軽くなっていくミミーを抱っこしながらの
通院は本当につらかったですi-241
わたしに大切なことを教えてくれた歴代の兄弟と過ごした時間e-267
この先もずっとみんなのことを忘れず感謝していきたいですe-420

| momorisu | 2009/11/12 00:57 | URL |

いつもご訪問下さりありがとうございます♪
応援して帰りますねっv-222

| barai | 2009/11/12 20:36 | URL | ≫ EDIT

baraiさま
こちらこそありがとうございますe-466
なんかバタバタの一週間で帰り着くとほぼバタンキューの毎日でしたが、
baraiさん出店や病院などお忙しい中、日記も毎日更新し本当にすごいですe-420
とうとう明日ですね!成功お祈りしていますe-465e-266

| momorisu | 2009/11/15 03:33 | URL |

 なんかきたにゅ~~
画像を勝手に使ってるニャ~
 有難うにゅ

| コロ | 2009/11/17 13:23 | URL |

いつもご訪問下さりありがとうございます♪
応援して帰りますねぇv-222

| barai | 2009/11/18 23:22 | URL | ≫ EDIT

コロちゃんさま
コロちゃん、無事届いてよかったにゃ~~e-465
リスちゃんは、この間のコメントで「もうすぐクリスマスにょ~e-465e-420」と
コロちゃんにヒントをだしてたにゅ~(=・ェ・=? ニュ~?
コロちゃん、コロちゃんサンタさんになって
またリスちゃんちに遊びにきてにゃ~~e-489
おにゃべして大歓迎にょ~~e-465e-266

| リス | 2009/11/19 03:23 | URL |

Baraiさま
出店お疲れ様でしたe-466
応援もありがとうございますe-266
猫ら~ちゃんたちの体調もよく 無事イベントもおわり
本当によかったですねe-465e-266
やっと睡眠時間がとれるかしら♪
すこしでもゆっくりできるといいですねe-420

| momorisu | 2009/11/19 03:35 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://momotorisu.blog87.fc2.com/tb.php/244-2b94593a

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。