PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

モモちゃんへの言葉

わたしは負の感情をがまんしてしまうことが多い
もちろん、はっきりいうこともあるが
往々にして飲み込んでしまうことが多いのだ。


これが今回 あの「場所」と「人間」を見抜けなかった
ひとつの大きな原因だと思う。

それと「その前」があまりにもおそまつだったので
院内で血液検査ができることだけで驚きがあったのだ。

「その前」は引越してきたとき親がみつけたところで
そのとき小学生だったわたし、何かにと疑問ももたないわけで
ある程度致し方いないとも思うが
・・そういうことだったのだ。


---------------------------------

前回、わたしへの「言葉」*を書きましたが、実は
モモちゃんへの「言葉」もありました。

それは・・


「モモちゃんはあたしのことキライよね。
ハイ、ハイ、あっちを向くから。
モモちゃんのほうを見ないから。」



血液採取をしながら、必ず、しかも毎回
そのセリフを言って顔を背けるのです。
もちろん、看護師さんも聞いてます。

血液検査は毎月必ずいってましたから、「毎月」
しかも、わたしが点滴ができるようになるまでは
ずっと病院で補液していたので、月3~4回、毎回です。

わたしは毎回いたたまれない気持ちで聞いていました。

物言えぬ、「猫」に対して、動物相手の職業なのにね・・。


そう、1年半・・メモによると2009年の4月から毎月です。

それに対して、わたしは毎回


「モモちゃんは先生のこと大好きだよね~。」
「先生のおかげだもんね~」・・と。

時には、モモちゃんが言ってるような声で言ったことも。

1年半ずっと。
バカなわたし。

モモちゃんを嫌ってるのをわかってるから
とにかく良くしてもらうために

また、血液検査は 毎回首から採取するので(前のところは腕から)
危なくないように、少しでもモモちゃんに良くしてほしくて。

しかも、毎月のようになんらかの差し入れをしたりしてね・・

そう、必死だったのだ。

でも、動物病院が大好きな猫ちゃんは
全国にどれだけいるんだろう?

こわがるのは当然の反応だと思うのだが・・。


それでも 昨年2010年の10月まで
その言葉はモモちゃんに発せられていたのでした。


2008年12月以前まで通っていた病院で「蛋白質同化ホルモン剤」ステロイドの
注射をうけて体重がどんどん減って元気がなくなってたモモちゃんは
最初はおとなしく、まさに「借りてきた猫」状態でした。

その注射をやめて、本来のモモちゃんの元気がでてくると
病院苦手なモモちゃんのこと、シャーということもたびたびありました。

でも、怪我させるとか、そういうレベルではなく
おとなしい(いや、がまんしてたのだろう)リスちゃんと比較すると
いわゆる普通の猫の反応というレベル。



以前の記事「注射がこわいモモちゃん」

『昨日の病院帰り、モモちゃんを励まそうとしたことで
わたしもハートがおれてしまう出来事が・・(´・ω・`;) 』

とあるが、まぁ、そういうことだったのだ。

この日もね。

可愛そうに言葉がわかるモモちゃんは、どんどん
病院嫌いになって、帰ってきてもふるえるようになりました。


タクシーの運転手さんいわく

「動物は動物を嫌いなヒトがわかる。見抜く力がある。」
まさにそう、わかっていたのだ。





にほんブログ村 猫ブログ 老猫・高齢猫へ
にほんブログ村

少しの間、こういう記事が続くと思います。
でも以前のような日記をかくため、また2度と失敗しないため
あくまでも自分への備忘録として綴っていきます。

次回は、新しい病院での言葉、対応などを比較して書こうと思います。

冒頭に記した「言葉」*・・わたしには暴言もありました

| モモリスちゃん日記 | 23:52 | comments:9 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

ゆっくりゆっくり、ゆっくりね。
悲しかったり辛かったり寂しかったりは当然だもん。
大丈夫大丈夫、だいじょうぶだよ。

| barai | 2011/02/13 02:16 | URL | ≫ EDIT

獣医師としての資質はどこに?
動物病院を好きな動物ってほとんどいない。
そりゃぁ怖い事するんだから(動物にとって)
自らを守ろうとしますよ。優しい声をかけながら検査をするのが普通だと思ってました。ひどい。
momorisuさん、書くことでまた新たに見えてくるものや思い出したくない事があると思いますけど、
心がくじけてしまわないようにね。

| ぼすちん | 2011/02/13 20:55 | URL | ≫ EDIT

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2011/02/13 21:38 | |

momorisuさん、ごはんはちゃんと食べてますか?
寒い日が、まだまだ続いています。
お風邪など召されませんように。
時々でいいですから、モモちゃんの様子も教えてね。

| hwan | 2011/02/14 14:17 | URL | ≫ EDIT

タクシーの運転手さんの言葉どおり
「動物は動物を嫌いな人がわかる。見抜く力がある」
ホントにそうだと思います。言葉を発せないだけで
いろんな事が伝わっていると思います。
以前の病院の先生には教科書どうりのマニュアルじゃなく、
病気の患者さんの気持ち・家族の気持ちや対応を今一度
考えなおしてもらいたいものです。
家族のお話を失笑するなんてもってのほかです(怒)

もうすぐ四十九日。
momorisuさんとモモちゃんと家族になれて幸せな猫生を過ごす
事ができたリスちゃん! 
姿は見えないけど2人の事を近くで見守っていますよ。

| まにまに | 2011/02/14 23:20 | URL |

i-260baraiさま
いつもありがとうございます。
ゆっくりすぎて、まだリスちゃんの使っていた
ブランケットもベッドも、さいごの輸液も
クリスマスツリーもそのままなんです。
大丈夫かな・・。

| momorisu | 2011/02/15 23:32 | URL |

i-267ぼすちんさま
今度の先生は、この間の電話での質問も
おだやかに受け答えしてくださいました。
もう質問に覚悟はいりません。
看護師さんも、モモちゃんをまるで
人間の赤ちゃんのようにあやしてくださり
「可愛い、可愛い」とチューしてくれるんです。
こんなにも違うのかとおどろきました。

| momorisu | 2011/02/16 00:08 | URL |

i-266hwanさま
今日、リスちゃんの大好きなパンと
お刺身をたくさん買ってきました。
明日、お休みにしているので3にんでたべます。
モモちゃんはユーストリームですずめの中継や
動物のでているテレビ番組をよく見ています。

| momorisu | 2011/02/16 00:20 | URL |

i-187まにまにさま
QOLが大事といいながら、高齢の子に対しても
やれ全身麻酔だ、入院だ・・あげくのはては
質問すると苛立つ・・あれは何だったのだろう。
モモちゃんの腎不全以外の病気も新しいところに
変わったからこそわかり、そのためのお薬も飲んでいます。
いくらまめに通っても場所をまちがえると病気さえも
見逃す・・あらためて病院選びの大切さを感じます。

四十九日・・いろいろありすぎてあっという間で
心の整理もできず、時の流れについていけてませんが
リスちゃんのがんばりをわたしたちが引き継ごうと思います。

| momorisu | 2011/02/16 02:32 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://momotorisu.blog87.fc2.com/tb.php/464-d2463573

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。