PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

今までのこと、これからのこと


いま、気持ちとはべつのほのぼの日記を書いていたら、
ふとしたことでいっぺんに消えてしまいました。(2/13夜中)
------------


このWeb日記も紙に書く日記にも
いやなことや、自分の本音の本音、そしてその時心底感じている
不安を書き出す事はあまりありません。


なぜかと考えると 、、
まず、やっかいなことがいやで、日々平和に過ごしたいから。
書いた事により、自分がより意識してしまいより不安になるから
(web上では、反応もこわいかも)
そしてなによりも、現実(の中のよくないこと)を書くと
穏やかな日々(日記)がよごれてしまいそうな気がするから。




-----

わたしには大好きな祖父がいました。
おじいちゃんは、大昔のひとなのに
早稲田大学の英文科に入学、だからといって
決して威張っているわけでなく、心優しく穏やかで、
裏表なく誰にでも公平に接し
わたしにとって尊敬に値する人間であり
大好きでした。

英語の教師をしていたおじいちゃんは会話も堪能で
わたしが小さい頃いっしょにバスで田舎のポンカン畑にいったとき
道にまよった外国人に流暢な英語で道を教えてあげて
その方がお礼にヨーヨーをくださったことなど
いまだに忘れられません。

そうとう年は離れていましたが、気が合って
いっしょに映画を見に行ったり、将棋したり、
料理を作ってくれたりと、なにかとわたしのことを気にかけてくれて
楽しい時間を過ごしました。

また、さいしょわたしと暮らした猫のミミーやにわとりのピヨも
大事にしてくれて、また彼らからも
やさしいおじいちゃんは好かれていました。



そんな大好きなおじいちゃんがあるとき、
身体の調子がわるく病院に行って検査すると、
なんと末期のがんでした。

わたしは、ほぼ就職が決まっていたのですが、
すんなり蹴って、おじいちゃんの看病をすることを決めました。
(なので、わたしは新卒ではありません)

じっさいは長かったかもしれないけど、
わりと早くにベッドで過ごす時間が長くなったような気がします。

訪問看護師さんが点滴をいれて帰られてから、
そのあとわたしが針を外すということも始まり、
タクシーに車いすをのせて病院まで行き
腹水をとったり、さいごはモルヒネをうったと思います。

モルヒネを使った事で、最初は意識がもうろうとして、
もう会話はできないのか…と。まだまだ話したい事が
いっぱいあったのに…と、くやまれましたが
数日でモルヒネに慣れ、わたしに大切な言葉をのこしてくれました。

ほとんどを家で過ごし入院はさいごの2日。
それでも、やはりお別れのときがきました。


------

レオちゃんのときも仕事減らす決断はあっさりできました。
減らす≠「休む」で「退く」ことなので
生半可な気持ちではできません。

…が、大切な何かを手放して看病することで
なんというか、病魔に宣戦布告しているというか 、、
神さまかなにかに大きな覚悟をみせつけるような 、、
なんか、そんな意識があるかもしれません。


そして 、、

こんな覚悟をもって挑むのだから
奇跡がおこってくれないかな、という淡い期待。

たぶんここ。


でも現実的には、ここまでの覚悟をしてのぞんでも
どうしてもたいせつなひとというか
大切なだれかはいなくなってしまう。


よくわからないけど、やはり現実が受け入れがたいというか。

今後こういうことがあったら、決断できず迷ってることや
不安を日記にかいたほうがいいかな。
もっと迷ってしまうかな





あんなに楽しみにしていたバレンタインデー前日の夜から
眠れずあれこれ考えて、ふと窓辺をみると

P1140910バレンタインデーの朝のモモちゃん♪2015

あさごはんをしっかり食べて、ひなたぼっこしているモモちゃん



きのうの皮下点滴が効いたのかな
それともモモちゃんの、
あのいつもの心配かけまいとする気遣いかな


はやく「猫ぐらし」届かないかな〜
しっかり載ってるらしいし、
モモちゃんと予定どおり楽しい一日をすごしたいな



にほんブログ村 猫ブログ 老猫・高齢猫へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ
にほんブログ村


そうそう、ものごとに集中しすぎて
"木を見て森を見ず"のようなとこがあるから、
気をつけよう。

| 未分類 | 09:15 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

ももリスさんの言わんとしていること、よくわかります。どんなに抵抗しても頑張っても別れの時は来てしまう。その現実を私も祖母の時に、また四匹の猫達の時に思い知りました。トム、シーザー、メイと見送るたびに何をするべきなのか、しないべきなのか、本当に悩みました。アンの時は先の経験からの諦念も正直あったと思います。

でも、確実に言えることは私たちがいろんな戸惑いや迷いの中にいる時も、あの子たちは迷うことなく疑うことなく今日一日を生きようとしてたこと。どんなに身体が不自由になっても、それを受け入れて精一杯生きたこと。たくさんのことを教えてくれました。見送る側の私達にはいろんな思い、後悔の念がどうしても残ってしまうけど、あの子達にはそんな気持ちはきっと全くないのかも。生き切ったって満足しているのではないでしょうか。。

| みずか | 2015/02/14 13:26 | URL |

☆Proverb☆

♡My dearest momorisu ♪

Life has its ups and downs.
People come and go.
Look on the bright side.


I know how you feel😊
I'm here for you♡
Please believe in yourself!😊

☆nyanya☆

| ☆nyanya☆ | 2015/02/14 21:42 | URL | ≫ EDIT

私は人に言ったり書いたりすると、不安が吐き出される気がしてついつい伝えてしまいますね。
でも、それを受け取る側も読んで心が落ち込むこともあります。
難しいね。

私の仕事は、一度受けたらキャンセルできない、そしてそれが早くて6ヶ月前から決まってしまったりするので、前の猫が倒れた時も亡くなった時も仕事に行ってきました。
だからか、ニコロがいなくなったら、次の子を迎える自信がありません。
倒れた時に側に居てあげられない。
そのジレンマたるや、本気で狂っちゃいそうです。

そして、亡くなった時に仕事で言わなければいけない「おめでとうございます」

ももりすさんが、それだけの事を決断しても守りたいもの。
ももりすさんも誰かのそんな存在になってますよ、きっと。

ももちゃん、雑誌に載るなんて有名猫だぁ✨

何が言いたいのかわかんなくなってしまいました、てへへ。

| えいこ | 2015/02/14 21:50 | URL | ≫ EDIT

みずかさま
>何をするべきなのか、しないべきなのか
この文章っていうか言葉にハッとしました。
大切かもですね。
いろいろありがとうございますe-466i-176

| momorisu | 2015/02/15 03:48 | URL |

My dearest ☆nyanya☆
Thank you for your nice wordse-267
I see what you mean, but
Momochan is my everything.

And..
>Look on the bright side.
True.I will do all I can...
I can do my best (`・ω・´)ノアイ!

>Please believe in yourself!
↑↑ My lack..maybe and important!
Iroiro arigatooo e-465e-420☆nyanya☆

| momorisu | 2015/02/15 05:39 | URL |

えいこさま
いつもありがとうございます。
>何が言いたいのかわかんなくなってしまいました、てへへ。
何をおっしゃっているのか、よくわかりましたよ。にゃははe-465i-178

ちいさいことや、もう既に解決してること、
そしてじぶんのことは心ひらいてる相手には言えるんですが
日記に書いたり、慎重になってることなどなかなか。

| momorisu | 2015/02/15 13:08 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://momotorisu.blog87.fc2.com/tb.php/894-cdd8559d

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT